包茎手術には糸の種類がある!特徴やメリットを比較

抜糸の手間を省くなら

多くの男性が包茎で悩んでいますが、これは治療で解消できる悩みでもあります。包茎手術を成功させるためには、医療機関をしっかり比較して選ぶことが大切ですので、治療内容や医師の実績もよく比較して選んでいきましょう。包茎手術では余計な包皮を切り取り、その後に丁寧に縫合をします。そして、包茎手術では使われる糸にも違いがありますので、そうした部分も比較して自分に合うタイプを選びたいところです。
まず、包茎手術で使われる糸の種類も大きく分けて、抜糸が必要になるものと、必要でないものがあります。抜糸が必要ないタイプは吸収糸とも呼ばれており、一度縫合したら基本的に再来院は不要です。再来院の時間が取りにくい人に向いています。溶けるまでにはある程度の時間も必要で、4週間程度は必要とされています。それゆえ、傷が落ち着くまでには時間がかかることも知っておきましょう。抜糸するタイプに比べて太くなっているのも特徴的です。とはいえ、細いものを用意すると傷が癒えるまでに溶けてしまう可能性もあります。

抜糸の必要があるタイプ

包茎手術を成功させるポイントとしては、包茎の症状を改善し、見た目を良くすることはもちろん、できるだけ傷跡を残さないということも大事です。包茎手術では、抜糸の必要があるナイロン糸が使われることも多くなっています。この場合は再来院の必要はありますが、溶けないタイプの糸に比べて細いので仕上がりがきれいというメリットがあります。そして、再来院することで、医師に経過を見てもらうことができますので、安心感もあります。
溶けないタイプは手術や美容整形でも使われており、2~4週間程度で抜くことができます。縫合に使う糸の種類も、選ぶことができますので、カウンセリングの際には医師としっかりと相談して自分に合うものを選びましょう。どちらもメリット・デメリットがありますので良い点、悪い点ともに比較していきたいところです。違いが良くわからないという場合は、医師に質問するとより詳しい説明を得ることができます。

まとめ

包茎手術を行う際は、クリニックの実績や費用、提供される施術内容などはしっかりと比較しておきたいところです。切開をしたあとは縫合を行いますが、このときも糸の種類はよく確認しておきましょう。溶けるタイプは抜糸の必要はありませんが、やや太くなりますし、傷跡が落ち着くまで時間も必要です。ナイロン糸は抜糸の必要はありますが、より細くきれいに仕上がるのがメリットです。迷った場合は医師に相談して自分に合うタイプを選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です